かえでんにっき。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王様からのバトン
「かえでん」の取り扱い説明書。
●本製品は
観賞用です。
もう好きにしてください♪


●対象年齢
若い子推奨
童心を持つ大人推奨


●適切動作環境
いい香りがする空間


●不適切動作環境
都会のトイレ


【操作方法】
●話す
たまに暴走


●誘う
生体3Fなら自信あり。その他にも誘われれば・・。


●笑わせる
外人がカタコトの日本語を喋ると爆笑します。
例:「コンヤガヤ~マダ」「フカワサーン、ヒトリダケズルイヨー」


●泣かせる
苦労した人が報われるシーンを見せると感動します。
例:「小暮!フリーだうて!!」


●怒る
自分に害をなすものなら問答無用で怒ります。


●褒める
褒められると更に力を発揮します。
例:「もっと褒めてくれ・・。」


●謝らせる
自分が悪いと思ったら素直に謝ります。
でも誤るのは苦手です。


●挑戦する
いつでも挑戦者を求めている。しかし、わたし自身も挑戦者である。

●倒す
バニッシュデス

●だます
簡単にだませます。


●味方にする
アイテムを使うと仲間になります。
テイミングアイテムはあなたにおまかせ☆


●服従させる
命を狙いましょう。


【メンテナンス・故障かなと思ったら】
●エネルギー

とにかく水分を摂取します。
視線でもエネルギーが充電されていきます。


●ケアの仕方
構ってあげるといいでしょう。
対応はツンデレです。
キスエモで全快?


●故障している例
たまり場でキャラ放置している時は壊れています。


●修理の仕方
自己再生型なので勝手に直ります。


【保障制度】
本製品で何かしら問題が起こった場合、苦情は「梅星」または「りっせ」まで連絡お願いします。


この『取扱説明書』をよくお読みいただき
正しい使用方法でご利用下さい。
スポンサーサイト
11月26日Gv日記
今週は旅行でRoやらなかったので、何かと準備が足りなかったです。
そんな感じのGvG

そんな感じでssもなし!!
色々攻めたけど、どこも熱かった!
詳しくは王様、あきやん、ヨンさまのブログ見てください。
きっと書いてくれるはず><。
最後に噂のアドベもらいました。
(*´д`)ハァハァ


今回思ったこと。
・IRC、VC無いと何かと不便だった。


・消耗品・・・買っておくべきだった・・・orz
11月19日Gv日記
最近萎えるGvが続いていたので、今週もあんまり期待できないなーと思ってたGvでした。
そんな感じのGvG。


まず開始はB2防衛からスタートということで、砦前にはSSG同盟、ギルドロがきました。

11月19日GvG開始前



スタダを退け、防衛ラインを構築。
しかし、第一ロキを落とされ、僕は阿修羅で退場。
EMCで呼び戻されて、少しした後に落城。
ふむむ・・・


次はC2、DBが守る所へ。
ん・・・DB・・・?
中身はArtMRだったみたいです。
落として転戦。

11月19日DB攻め



次はV4のBH迷宮同盟防衛のところ。
第3MAP防衛でした。
そういあ、BH迷宮が防衛してる砦を攻めるのは初めてな気がする・・。
第3MAPということで、削っても旗復帰でどんどん戻ってくるのかなーと思ってたけど、結構薄くなってたかな。
人数が馬鹿みたいに多いと過剰に思い込んでたみたいでs
LPは出るけど、すぐ張り返される。
すぐ張り返せる位置に教授1人しかいなかったから、誰か粘着してくだs
僕から見たらいい様に動かれてるようにしか見えませんでした。


11月20日GvGBH攻め1



何度か攻めているうちにER防衛に移行。
穴は結構あるけど、思うように崩せない。
そしてLP不発しまくり状態に・・。
まじツンデレでした。

11月19日ER攻め



そしてミスクリックで・・・。


11月19日ER攻め2



時間が来たので転戦。
この当りはテンション↑
開始前のテンションが信じられない(゚д゚)


そしてB1へ移動。
防衛はNS。
落として防衛へ移行。


最後に鏡花eB襲来。
何食らったかわからず死亡して帰還して急いで戻ったところで落城。
周りを見すぎて自分を見てなかった・・。


そして時間的に落とせるギリギリの時間で集合しているところに、ホム自爆ドーン。
/(^o^)\なんてこったい
帰ってくる人がいっぱいでした。
まともに食らったの始めてだったけど、何たる威力・・。


そして時間切れで終了、宿無しです(ノд`)

11月19日GvGラスト



今回思ったこと。
・最近完全にやる気なくしてんですが、今回のGvでちょっと復活。やっぱりRoやってる半分以上の理由がGvなんだなぁと再認識です。


・ストーンカース割らないでください


・ある程度軽い状況ならADSで死ぬことはないかなと思う。


・やっぱり1同盟VS1同盟のガチは楽しいです。格上相手だと色んなところが見えてきてこれまた楽しい。


そんな感じでお疲れ様でしたー。


以下近況。

楓雪の物語その6
FT解散後、どこに行こうかと悩んでいるところに昔から仲がよかったBoKに誘われることになりました。
最初は傭兵か体験か忘れたけど、中途半端な感じで在籍していましたが、いつの間にか馴染んでいました。


初回のGvGは鯖落ちゲーだったような記憶があります。
この時は確かステルス移動が問題になって、対策が来た直後だったと思います。
暗転中にパケットを送信すると鯖缶するとかそんな感じだったかな?
この時も鯖缶が続出し、Gvにならなかった記憶があります。

11月16日初回GvG


セージのほうは、この当りから必死モードが発動して、カタコンにこもってました。
この時期はnPro導入でBOTがいなくなり、鯖の状態が安定していた時期なので、すごく狩りがしやすかったと思います。
その分今のうちにLvを上げとこうという気持ちでした。

セージ必死あげ



この時のBoK同盟(BoK、ew、ねこ道楽、TS)でもC砦を取得しはじめて、ソロではカタコン、PTではADという感じで狩りしてました。
この時はGvはギャーギャー言いながらも、必死にやれて今ではいい思い出。
いつでもどこでもギルチャが盛んなBoKだったと思います。
若さか・・。


えろす



そしてこの頃あたりから2PCできるようになり、必死さに磨きがかかってきました。
着々と教授への道を歩んでいく楓雪でした。

2PC導入

11月12日Gv日記
萎え萎えなGvから一週間。
今週もどうせ同じような感じになるだろなぁーって思ってました。


今回はGvGの前にあることをやろうと目標を立ててやってました。
その目標というのは・・・、
LP展開に成功したら「ツンデレプロテクタァァァ!!」と叫んでキスエモを出す。
scに登録していざ出陣!!
モチベーションあげるのはすごく大切なことだと思いますまる


そんな感じでGvG。


今回は開始からありえませんでした。
20分前からコールが開始されて、Gvが開始されているという知らせが。
この時点で嫌な気配が・・・。


最初はB3へ
舞空同盟が防衛しているということで、攻めることに。
どこもどたばたしてたのか、珍しく1VS1で闘えることに。
そして今回一発目。
叫びました!!キスエモ出す余裕ありませんでした!!


B3舞空2度目



そして、じわりじわりと押し込んでエンペブレイク。
防衛に移ります。
しかし・・・、防衛していると鯖缶(鯖落ち?)・・、今週もか('A`)


キャンプ地で待機していると、B3に再び舞空同盟防衛とのこと。
再度攻めに行きます。


Gvで火炎陣使われてるところはじめて見ました。

舞空火炎陣



そして本日2発目。
やっぱりキスエモry

11月13日BtS舞攻め2



そして先ほどと同じような展開。
舞空乱戦



この後エンペブレイクに成功して、再び防衛にうつりますが・・・。
やはり同じような展開になり鯖缶(鯖落ち?)。
Gv終焉の臭いがぷんぷんします。


こりゃだめだー、って感じで次はL3へ。
xが防衛しているところ。
LP不発しまくりでも、展開に成功しますが、ツンデレryと叫べなかったです。
よってssは無し・・。
落として防衛にうつります。


防衛していると、Ant上級が攻めてきました。
ところがここで珍事が・・・。
何か敵に攻撃が当たってなく、罠踏んでもスルーでおかしいと思っていたら、エンペが消えてました。
Gvオワタ\(^o^)/

Gv終了?



この後みんな呆然として、しばらく待ってましたがどうしようもないので、帰還。
するとエンペ復活して再開という知らせがありました。
/(^o^)\なんてこったい
昔から真の敵はガンホーと決まっているのです。


L3へ戻って防衛再開しますが、このまま守っててもなぁーということで、レースだったB2で防衛することに。
防衛に入るものの、鏡花eBに落とされる。

即座にカウンターに、相手も防衛ラインが出来てなかったので、gdgd状態に。
この時3発目。
LP返されるわ、ADSで落とされるわ、叫んだもののかっこ悪いことに・・。
そんな目で見ないで(ノω;)
流れ的にはMS→山紫→MS→フミ→MS


11月13日Bラスト



ラストいつの間にか来てた迷宮にEMC決められ、危ない状態でしたが時間切れ。
ギリギリ確保となりました。
@30秒あったら落ちてたかも?


ラスト確保



お疲れ様でしたー。


今回思ったこと。
・キスエモ出せなかった。
以上


GvがあれだったのでGv日記書く気力がなかったのです・・。
適当な日記でごめんなさい;w;
楓雪の物語番外編
今日は楓雪の物語とは少し外れたお話を。


もう1週間前の話になりますが、先週の土曜日某時刻にFT関連の同窓会っぽいのがありました。

FT解散から一年ちょっと経ちましたか。
それでずっと休止状態?だった、FTのマスターが引退すると言うことで懐かしい面子が集まりました。
でもほとんどの人がodin鯖にいるでの、懐かしいのは極一部だったり。


1時間程遅れて行くと、何か待ち構えられた状態に・・。
どうみても僕のオーラ式。
こんな感じで雑談していました。


同窓かい




その後はあまりまくっていた枝を折りに崑崙へ。


同窓会その2



その後は懐かしい昔話。
そして引退品ばら撒きして終了。
最後は弓削氏が英雄になってました。
ふとももパワー炸裂・・・!


そんな感じでFTは永遠の眠りにつくことになりました。
多くは語りません!
えちょさんお疲れ様。またいつかどこかで!というかリアルで。


おまけ
FT誤爆伝説
思い出の誤爆

楓雪の物語その5
外からみれば、Bクラス新勢力として順調に見えた新同盟だったかもしれませんでした。
しかし、実際中から見るとFLDとFT間の確執は同盟結成時からあんまりよろしくはなかったです。
今思うと、歴史の長いギルドと、割と新興ギルドの考えの違いからだったせいなのかもしれません。(他にも色々理由はあるけd)
それに伴い、時間とともにFT内部が崩れだします。


FLD溜まり場



そしてGvでは、はじめてCCと対決した時でもありました。
この時は格の違いを見せ付けられたGvとなったような記憶があります。
キャラ性能や展開の速さ、見る見る減っていく自軍の数。
そんな感じであっという間に落城。

CC2



攻め返してみるとこの防衛網。
この時は何もすることなく朽ちたような気がします。

CC1



しかし、この時期があったからこそBクラスの戦いはガチだと面白いと思い始めたのかもしれません。
現在まで自分の中での最高のGvは出来てませんが・・。
最高に嬉しかった思い出の一戦はありましたがそれはまだ先の話。


そして資金調達のためにV4長期防衛をすることになりました。
しかし、そのすぐ後にFTを今まで支えてきた幹部の2人が脱退することになり、それに伴い、長期防衛1週目(2週目ダッタッケ・・)にしてFTは解散となりました。
これがたぶん最後のss。

ラストGvG



FT解散に伴い僕はこの同盟でGvする気はなかったので、そのまま放浪することになります。
理不尽という言葉を始めて痛感した思い出でもあり、しかしこの時期があったからこそ今でもGvで上を目指せるのだと思います。
そんな癌蓄。


次回FTもう1つの物語編。
11月5日Gv日記
Gv日記はちゃんと書こうと思います。
巻き戻り確定のGvだったので、もはやお祭り状態でのGvG。
お遊戯的なことなら他でry


21時までは全砦コールを目指しレース。
参加キャラも自由ということで、MEプリで出てました。
改めてGvでは低Vitキャラは使えないというのを再認識。
いあ、装備も悪かったけd
アコセットで参戦してました、ごめんなさい。
敵のSG2Hitで落ちるわ、頻繁にぴよるは、SpPやSbrで即死するわ・・。
まじお遊戯でした。
結構MEとかぶち込んだりしたけど、使いどころが難しかった。
㌦服全然INEEEEEEEEEみたいな。
そりゃみんな持ち替えですよね。

11月5日GvBのどっか



そして後半戦へ。
早い時間で、確保目的で防衛する同盟が多かった気がしました。
L5の勝利同盟防衛のところへ。

11月5日Gv勝利同盟


LP不発しまくりだったけど、何とか出て一気に防衛ライン崩壊へ。
そしてMSで落とすことに成功。
防衛にうつった後、まさかの忍法鯖落ち。
鯖落ち最強でござるwwwwww
みたいな感じで、恐らくMSが落としたところまで巻き戻るだろうということで、復活を待つ。
勝利同盟も攻めてきてましたが、乱戦を制し防衛ライン構築へ。
EMCするまで防衛ラインが不完全で心配でしたが、EMC後は防衛ライン固めて安定防衛。
最後2砦狙いでV2へ行きましたが、行った直後またWPと旗が消えるという自体。
復活後レースでしたが、やっぱレーサーは早かったです。
そのままL5確保となりました。
お疲れ様でしたー。


今回思ったこと。
・低VitでGvでることは二度とないだろう


・マステラの実は最高やわ(*´ー`)


・ござる防衛やっぱり最凶


・重犯は癌
楓雪の物語その4
FTMWの仮同盟期間中だったんですけど、FLDから同盟の要請があり、賛成多数だったこともあり、FLDが加入することになりました。
FLDが加入することにより、一気にBクラスの規模の同盟となりました。

FLDFTMW同盟



当時のFLDはGvに対する意識が高く、会議の形式やHP管理などのクオリティの高さが目立っていた印象があります。
この同盟となり初めてBクラスのGvを体験することになりました。
最初のGvではB4を長期防衛しているFFを攻めに行き、分厚い防衛ラインだったのを憶えています。
そんな分厚い防衛ラインの中でも、同盟の教授セージはLPを敷いていたので、輝いて見えてました。
いつか自分もあんな風になりたいと思いつつ・・。
しかしFFの防衛は攻めても攻めても大きく崩れることはなく、こんなんどうやって崩すんだと思っていました。
当時の僕にとってFF、CCは雲の上の存在のように感じていました。


そして、GGDを初めて体験したのもこの時でした。
一番最初のほうに1回連れて行ってもらって、今までに体験したことのない経験値の上がり具合に驚いていました。
当時は80台PTはほとんどなく、90台PTが盛んに行われていたので、早く90台に混ざれるように必死にカタコンに行ってました。


セージカタコン



そして90台PTに混じれるようになると、ソロするよりはるかにおいしかったので、全くソロをする気になれなかったですね。
GGDの魔力にとりつかれていたと思います。


初GGD



しかし、B進出が初めてのFTにとって、このGGDの魔力はFT内部を蝕んでいくのでありました。
次回FT暗雲編。
楓雪の物語その3
単体になったFTは同盟募集することになりました。
そして今まで地道に活動を続けてきた甲斐があって、大分名前を知られるようになったせいもあってか、いくつものギルドから同盟の話がきました。
当時は色んな同盟が解散脱退した直後で同盟を探しているギルドが多いのを憶えています。
Ro再インストールする際、昔のチャットログも一緒に消えたのでどこから要請来たのか忘れましたが・・。


考慮期間として1週間傭兵に行こうということになり、当時のNT同盟から話が来て、一緒にGvやってみましょうという話になりました。
NT同盟とのGvのssは残ってないんですけど、指揮、伝達、動きなどしっかりしていたのを憶えています。
有名どころとのGvだったので正直圧倒されてました。


そして次の週からMistWingsと同盟を組むことになります。
ここもまた有名所。
正直圧倒されてましt
MistWingsはGvに対する姿勢や、個人個人の質の高さが目立ちました。
みんなLv上げに貪欲だったイメージがあります。
当時からしたら転生キャラもやたら多かったです。
最初はしっきたんが怖かったです。
怖いのは外見だけで実はいい子でした。
らむりんは遠くから見てるだけでした、オーラ出てました。
ある意味怖かったです。
今では一緒のギルドです。
これも何かの縁ですな。

20061103024155.jpg


そこで楓雪はいちご教授と出会うことになりました。
やはり当時の僕としては教授というのは夢に見る憧れの職でありました。
いちご教授とよく狩りにいったりして、詠唱速度の速さ、耐久力、いつも惚れ惚れしてました。
ちょっと褒めすぎた。


そこで教授になりたいという気持ちはよりいっそう高くなり、80台になると思い出のカタコンに狩場を変えることになりました。
当時はBOTのせいもあり鯖がやたら重く、FWで囚人を突き抜けてくることが多々ありました・・・。
それでも何でカタコンに篭ったかと言うと、財布にやさしいからでした。
当時から、というかいつも貧乏だった・・。

セージカタコン



この同盟ではC2へよく行ってたのを憶えています。
指揮のマルコ氏が前同盟の習性なのか、よくC2を選んでしまうみたいな感じで言ってたきがします。
この時の教授セージがさくさくLP出してたのですごく羨ましかった・・。
やっぱ低DexではLP出せないと痛感した時期でしたね。
しかし、セージの動きなどすごい勉強になってました。
当時学んだことが今の動きにも繋がってると思います。

FTMWC2



FTMW集合写真



そしてMWとは仮同盟中だったんですが、あるギルドからの同盟話が来て組むことになりました。
つづく。


楓雪の物語じゃなくてFTの歴史みたいな感じもするけど気にしなーい( ・ω・)
当時の関係者で間違ってる部分あれば指摘よろしくお願いします;w;


ちなみに日記を書き始めたのも丁度この時期くらいですね。
当時の日記はこちら



http://blog.livedoor.jp/sc101051/archives/2005-07.html


今と比べて大分書き方が変わってるような気がします。
楓雪の物語その2
FTにお手伝いに行くことになり、後に正式に加入することになりました。
どのくらいの時期に加入したのかは覚えてないけど・・。
確かプリが転生して、廃プリになったら正式に加入する約束をしてて、加入したと思います。
セージのほうは、明確の目標ができ、最初のうちはLv上げの意欲が高くもりもりLv上げてたと思います。
この時の下水はBOT全盛期で、ぴゅんぴゅんBOTが飛んでた時期くらいですかね・・。
BOTにも負けずにひたすら窓手を焼いてたのを覚えています。

かゆき窓手


この時はただGvに参加して楽しむという感じだけで、他の同盟のことや、自分の同盟のこともよくわかってはいませんでした。
この時もLP敷いた記憶がないので、たしかチョロチョロしていました。
今ほどスキルの特性を調べたり、検証したりすることがなかったですね。
純粋にGvを楽しんでいましたが、しかし向上意識が一番低かった時期かもしれません。
誰もが最初そんな感じだとは思うけど・・。


同盟の動きとしてはおそらくLを中心に動いていたと思います。
今でも覚えてるのはL2の防衛かな。
当時の僕にとって、ゲームなのにここまで作戦立てて念入りにするということが画期的であり衝撃を受けました。
しばらくFairyTale、Frightenersの2同盟でやってて、後にAngelique Croquis(現NTSSG同盟)を加え、3同盟になり規模も大きくなりこれからが期待されました。
しかし正式に3同盟になった直後くらいにFrightenersが解散を表明、そのまま同盟を解散することになりました。

かゆきGv


そしてFT単体、新同盟になると共に、僕の意識も大きく変わっていきました。たぶん・・。


今日の懐かしのss
パパとママの結婚式ヾ(´∀`)ノシ
kkルカン結婚

楓雪の物語その1
教授も発光したということで、誕生から今までどういう物語を歩んできたかを書きたくなりました。
記憶力あんまりいいほうではないので忘れてる部分も多々あると思いますが(==;


実は今のキャラは2代目なのです。
2年くらい前かな、僕が丁度GvGをはじめたくて初めてGvをしているギルドに入りました。
ギルドに入る前はソロレーサーをしたり、見学に行ったりとGvに対する興味はありました。
当時の相方がGvギルドに入っており、話を聞いていると楽しそうだなぁと感じ入ろうと思ったのを覚えています。
南でG募集して色々な書き込みの中から印象的な所から選び、候補は確か桃流かReasonだったかな。
そして桃流に入ることに決めました。
後々色んな情報が入ってくるうちにわかったことなんですが、今思うとどちらもハズレでしt


最初のうちはプリでGvに参加していたんですが、どうもプリではしっくりこないと思いGv向けの職を作りたいと次第に思いはじめました。
そして、
「LPだせればヒーローになれる!」
そんな勘違いからセージを作ることに決めました。
誰もがそんな小さなきっかけから始めるよね・・。
そして初代セージの「*雪楓*総長」という変な名前のキャラが誕生します。
どうしてこんな名前にしたのか覚えていませn
ステはDex>Vit>Int予定だったかな。
Intはギリギリ窓手焼けるくらいしか上げてなかったと思います。
このキャラでLP敷いた記憶ないので、恐らくディスペルかSCばっかりしてたと思います。
しかし、こういううざい職はすごく楽しいと感じていました。
当時のssがこちら。

初代かゆき総長



よくあのLvでGvやってたなと思います・・。
今だとあきやんに、
「お遊戯なら他でやってくれない?」
と言われそうです。


そして桃流を脱退することになり、同盟だったFairy Taleにお手伝いに行くようになったとほぼ同時に、「教授を目指したい」、「名前が気に入らない」という理由により、*雪楓*総長は電子の塵になるのであった。
そして新たに誕生したキャラが*楓雪*でした。
ステはInt>Dex>Vitで、Intを極力上げてLv上げやすい型にしました。


かゆきセージ転職



そして甘く切なく苦い楓雪のGv物語が始まるのであった。
つづく・・・・かもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。