かえでんにっき。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かえでんSageWikiを切る!!!
一つ、人の世の生き血(SP)をすすり
二つ、不埒な悪戯三昧、
三つ、可憐な浮世の小悪魔を

斬ってくれよう、かえでん侍(笑)


・・・・


そんな感じで続きです(’’
今回は『あれば使える』の項目を見ていきましょう。

MR Lv3
JTなどで粘着されたときに。
MR3とMR5ではかなりスキル使用時の感覚が違う。


これは前提のLv3で十分ですね(’’*
MRのタイミングとしては、相手の詠唱中にポチッと押すだけですね。
仕様的にはLv3だとMRを使用してから0.8秒間の判定時間があるみたいです。
詳しい仕様はスキル項目で・・
慣れればポンポン吸い取れます。
使用感としては、単体魔法で粘着された時に吸い取れるので結構重宝しています。
ブラギ高速詠唱JTとかまじ死ねるしね・・
スペルブレイカーを吸い取ると相手のSPの20%を吸い取れるので、粘着された時は容赦なく吸い取ってあげましょう(*^-゚)b

わたしのMRは生体仕込みです。


属性付与 Lv2~4
WP防衛でのアクアで突っ込んで来る敵対策として風、イミュン貫通にその他。
SpWが有効に使えるようであれば火。


属性場の前提のLv3は多くの人が取得していると思います。
私も昔は属性付与をしてあげていたのですが、現在はコンバーターがあるために、
付与欲しいという人は中々いません。

私が前衛なら、攻めも守りもアスペルシオが欲しいでs


属性場 Lv3
大規模GGではMSが有効なダメージソースとなりうる為、ゴスペル等で後衛陣にLPを敷かない地点があるならば、
火場(あるいはSGに水場)もあり。無詠唱SG等が狙われる場合は属性場よりもLP安定。


これがあれば使えるとかわけわかめ~(。A。)
私は自分のLPを消すためにしか使っていません。
というか、これだけでも十分必須なスキルです(笑
そもそもLPの前提なので、ほとんどの人が持っていることでしょう。
LP消す場合は風場がオヌヌメ。
理由としては、ステUPの恩恵が一番少ないからですね。
相手のFleeが上昇してもシーズでは、脅威になることはほとんどないでしょう。

私は試したことはないのですが、防衛時のWiz地帯にLPではなく、ジークフリードであったならば、属性場は活用できるのではないかと思います。
ジークフリードのバグが修正されているので、活用してみてはいかが(’’*


SpW Lv1
蜘蛛。
オブジェクトが発生しやすい場合はかなり有効な足止め手段として使える。


不発するし、かからないし、ちょっとかわいそうなスキル。
対人では束縛時間が4秒になるので注意。
主に使い所としては、ロキ内で止まったキャラを拘束するくらいですね。
相手の無敵時間に蜘蛛を張ってもエフェクトだけなので注意。
ただし、かからなかった蜘蛛糸はハンターのアンクルみたいな感じで引っかかる。(そうには見えないけど)

蜘蛛糸使用ここだけは注意!!
チャンプの残影と、テコン系のノビで抜けられるので注意。
私は相手マスターがこの2キャラに対してはソウルバーンするようにしました。


私は生体MVPですら飛ばしていました(過去形)


SlB Lv4~5
最も効果的に使えるのはWP防衛時に突入してきた同職セージや阿修羅等に対して。
それ以外の地点ではWizのようにSPの多い職であれば稀に倒せる事もあるが、基本はSPダメージのみと考える方がいいだろう。
ショートカットが厳しいが、職によって4と5を使い分けるという手もある。


何だかんだで結構使用頻度高いスキル。
私はソウルバーンLv5ですけど、Wizを倒したことは2,3回程度しかありません\(^o^)/
使いどころとしては上記に書かれていることと、マスターが残影チャンプ、テコン系の場合に、これらを止める時でしょうか。
SP回復財もってなければもうけものというところで・・・。

Lv5で失敗した場合はHPダメージも自分に返ってきますが、あまり気になったことはありません(’’;
しかし、Wikiに書いてある通りLv4と5の成功確率が同等ならLv4でいいと思います。
教授は敵を倒すのが仕事じゃないですしね・・。
バーンを誰にもかれにも連発する教授は成り立て教授でふぁいなるあんさー。


WoF Lv1
攻めに使うより守り気味に使う。遠距離攻撃はもちろんだが
阿修羅やBB等の近接攻撃も成功率が下がるので広範囲の簡易防壁として。味方の攻撃にも効果があることに注意。


何故WoFがこの項目にあるのか激しく謎です。
Gv時だとあきらかにFWや、FDより使用すると思います。
色々癖のあるスキルですが、使用所さえ気をつければかなり便利なスキルです。
正直これがないと、教授ADS乙でございます。
私はロキ雷鳥がADSに狙われている時もWoFをおきます。
ただ、置く場所を注意しないと相手を助けることになるので難しいところです(’’;

色んな意味で、

WoFを制するものは教授を制す

だと思います。

狩りの時は大人数になればなるほど、使用所がなくなってきまs
それで迷惑かけたこともあったな(´ー`)
ご利用は計画的に・・・。

FC Lv1~
あれば便利。ECやLPなどで足を止めなくて済む。棒立ち教授は狙われやすい。地味に位置ズレ解消にも使える。


ラグで位置ズレした記憶しかありませんが?w?
歩きながらメモライズを詠唱するくらいしか・・・。
長い詠唱だと歩いてるとストレス溜まらないんだよね(>w<

特に便利と感じた記憶はありませn




今までSageWikiに記載されているGGスキルについて書いてきましたが、
必須、有用、あれば使えるというような重要度でわけるのではなく、使用頻度(○、△、×みたいな)でわけたほうがいいのではないかと感じました。
正直、私は状況によってはほとんどのスキルを使用しています。

とっさの状況下で、その時に応じたスキルを使うとなってくると、いかに教授に時間を費やしたかによると思います。
私も教授暦はそろそろ2年になりますが、いまだに完璧だと思ったことは一度もありません。
これでもいつも試行錯誤しているつもりです(ノ∀`)

教授スキルが多くなってくると、やはり/bmは便利ですね。
というか、/bmでもショートカット足りないくらいですけど(笑
/bmは使えなくてもいいと言う人は多いですが、私にとってはショートカット欄を切り替える手間を考えると、必須だと思わずにはいられません・・・。


教授という名前だけあって、知識と常に考える力は必要だと再認識したかえでんでした。


↓ブログランキング!ポチッと救済してください(’’*
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sc101051.blog46.fc2.com/tb.php/243-fc2a7bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。